合同会社アルティマシステム

平成30年5月 第3問 問7 長期平準定期保険

出題内容について

長期平準定期保険からの出題です。

設例

X株式会社(以下、「X社」という)は、Aさん(40歳)が13年前に設立した会社である。近年は順調に業績を伸ばし、従業員も定着するようになった。Aさんは、現在、退職金規程の整備や自身および従業員の退職金準備の方法について検討している。そこで、Aさんは生命保険会社の営業担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

Mさんが提案した生命保険の内容は、以下のとおりである。

〈Mさんの提案内容〉

① Aさんの退職金準備を目的とする<資料1>の長期平準定期保険を提案した。

② 従業員の退職金準備を目的とする<資料2>の養老保険(福利厚生プラン)を提案した。

〈資料1〉

保険の種類 長期平準定期保険(特約付加なし)
契約者(=保険料負担者) X社
被保険者 Aさん(契約時年齢は40歳)
死亡保険金受取人 X社
保険期間・保険料払込期間 100歳満了
死亡・高度障害保険金額 1億円
年払保険料 220万円
保険の種類 養老保険(特約付加なし)
契約者(=保険料負担者) X社
被保険者 全従業員(30名)
死亡保険金受取人 被保険者の遺族
満期保険金受取人 X社
保険期間・保険料払込期間 60歳満了
保険金額(1人当たり) 500万円
年払保険料 530万円(30名の合計)

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問題

《問7》Mさんは、《設例》の<資料1>の長期平準定期保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

1 )

「X社が受け取る解約返戻金は、Aさんに支給する役員退職金の原資として活用するほか、借入金の返済や設備投資等の事業資金としても活用することができます」

2 )

「保険期間開始時から当該保険期間の6割に相当する期間においては、支払保険料の2分の1を前払保険料として資産に計上し、残りの支払保険料については、期間の経過に応じて損金の額に算入します」

3 )

「当該生命保険の単純返戻率(解約返戻金額÷払込保険料累計額)は、65~70歳前後にピーク時期を迎え、その後は低下しますが、保険期間満了時には満期保険金が支払われます」

解答・解説

解答:3

1 )

適切。長期平準定期保険の中途解釈時の解約返戻金は、役員退職金の原資や借入金の返済や設備投資等の事業資金としても活用することもできる。

2 )

適切。長期平準定期保険の保険料の経理処理は、保険期間開始時から当該保険期間の6割に相当する期間においては、支払保険料の2分の1を前払保険料として資産に計上し、残りの支払保険料については、期間の経過に応じて損金の額に算入する。

3 )

不適切。長期平準定期保険の単純返戻率(解約返戻金額÷払込保険料累計額)は、加入年齢や保険期間によっても異なるが概ね65~70歳前後にピーク時期を迎え、その後は低下する。また、満期返戻金がない保険のため保険期間満了時に満期保険金が支払われない。

したがって3が正解となります。

FP試験対策キーワード

長期平準定期保険の特徴

  • 満期保険金がない。
  • 更新型の定期保険よりも保険料が高い。