合同会社アルティマシステム

平成30年1月 第1問 問2 老齢基礎年金の年金額

出題内容について

老齢基礎年金の年金額からの出題です。

設例

Aさん(48歳)は、デザイン事務所を経営する個人事業主である。Aさんは、丁寧な仕事が評判で取引先が多く、収入は安定している。

Aさんは、これまで国民年金のみに加入しているが、収入が安定していることもあり、最近、老後の年金収入を増やすための方策を考えている。一方で、Aさんは、過去に国民年金の保険料を支払っていない期間があるため、自分の公的年金がどのくらい支給されるのか不安を感じている。

そこで、Aさんは懇意にしているファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。Aさんに関する資料は、以下のとおりである。

〈Aさんに関する資料〉

  • 昭和44年10月17日生まれ
    公的年金の加入歴は下記のとおりである(見込み期間を含む)。
FP3級平成30年1月実技試験(保険顧客資産相談業務)平成30年1月 第1問 設例

※Aさんは、現在および将来においても、公的年金制度における障害等級に該当する障害の状態にないものとする。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問題

《問2》次に、Mさんは、Aさんが老齢基礎年金の受給を65歳から開始した場合の年金額を試算した。Mさんが試算した老齢基礎年金の年金額の計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、老齢基礎年金の年金額は、平成29年度価額に基づいて計算するものとする。

解答・解説

解答:1

Aさんの国民年金の保険料納付済期間を設例から算出する必要があります。

保険料未納期間の72月については年金額へ反映されないため、「保険料納付済期間:267月」と「保険料納付予定期間:141月」の合計408月で年金額算出することになる。

したがって1が正解となります。

FP試験対策キーワード

老齢基礎年金の年金額

老齢基礎年金の年金額に反映される加入期間は、保険料納付済期間と*保険料免除期間であり、保険料免除期間は免除の金額により反映される割合が決められている
*学生納付特例制度と納付猶予制度を除く