合同会社アルティマシステム

平成29年9月 第4問 問10 所得税における所得控除

出題内容について

所得税における所得控除からの出題です。

設例

会社員のAさんは、妻Bさん、長女Cさんおよび母Dさんとの4人家族である。Aさんは、住宅ローンを利用して平成29年8月に新築マンションを取得し、同月中に入居した。Aさんとその家族に関する資料等は、以下のとおりである。

〈Aさんとその家族に関する資料〉

  • Aさん(39歳) : 会社員
  • 妻Bさん(37歳)  : 平平成29年中にパートにより給与収入100万円を得ている。
  • 長男Cさん(7歳)  : 小学生。平成29年中の収入はない。
  • 母Dさん(71歳)  : 平成29年中の収入は、老齢基礎年金のみであり、その収入金額は72万円である。

〈Aさんの平成29年分の収入等に関する資料〉

  • (1)給与収入の金額 : 700万円
  • (2)一時払養老保険(保険期間10年)の満期保険金
  • 契約年月 : 平成19年5月
  • 契約者(=保険料負担者)・被保険者 : Aさん
  • 死亡保険金受取人 : 妻Bさん
  • 満期保険金額 : 330万円
  • 一時払保険料 : 300万円

〈Aさんが利用した住宅ローンに関する資料〉

  • 借入年月日 : 平成29年8月1日
  • 平成29年12月末の借入金残高 : 2,000万円
  • ※住宅借入金等特別控除の適用要件は、すべて満たしているものとする。

〈Aさんが平成29年中に支払った損害保険料に関する資料〉

保険の種類 契約者
(保険料負担者)
契約年月 年間支払保険料
火災保険 Aさん 平成29年8月 27,000円
地震保険 Aさん 平成29年8月 12,000円

※上記の保険は、いずれもAさんの自宅を補償対象とする損害保険である。

※家族は、Aさんと同居し、生計を一にしている。

※Aさんとその家族は、いずれも障害者および特別障害者には該当しない。

※Aさんとその家族の年齢は、いずれも平成29年12月31日現在のものである。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問題

《問10》Aさんの平成29年分の所得税における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ )

地震保険料控除の控除額は、( ① )円である。

ⅱ )

妻Bさんの合計所得金額は( ② )万円を超えていないため、Aさんは配偶者控除の適用を受けることができる。

ⅲ )

扶養控除の控除額は、( ③ )万円である。

1 )

① 12,000② 38③ 58

2 )

① 12,000② 103③ 63

3 )

① 39,000② 38③ 38

解答・解説

解答:1

ⅰ )

地震保険料控除の控除額は、12,000円である。

ⅱ )

妻Bさんの合計所得金額は38万円を超えていないため、Aさんは配偶者控除の適用を受けることができる。

ⅲ )

扶養控除の控除額は、58万円である。

ⅰ )は、設例より、地震保険の契約年月が平成29年8月であり、年間支払保険料が12,000円であることが確認できるため、地震保険料控除の控除額は12,000円と確認ができる。

ⅱ )は、控除対象配偶者の要件の一つとして、合計所得金額が38万円以下であることが必要とされているため、38万円が適切となる。

ⅲ )は、設例より、控除対象扶養親族に該当する者が、老人扶養親族で同居老親等に該当する母Dさん(71歳)のみと確認ができるため58万円が適切となる。

したがって1が正解となります。

FP試験対策キーワード

地震保険料控除の金額(原則)

  • 地震保険料が5万円以下:支払金額
  • 地震保険料が5万円超:5万円