合同会社アルティマシステム

平成29年9月 第2問 問4 必要保障額

出題内容について

必要保障額からの出題です。

設例

会社員のAさん(37歳)は、勤務先の借上げ社宅で専業主婦である妻Bさん(35歳)および長女Cさん(0歳)との3人暮らしである。長女Cさんの誕生を機に、Aさんは生命保険の見直しが必要と考え、生命保険会社の営業担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Mさんは、生命保険の見直しをする前に、必要保障額を正しく把握する必要があると考え、下記の〈算式〉を基に、Aさんから必要な情報をヒアリングした。現時点でAさんが死亡した場合の必要保障額を試算した結果、その額は3,400万円となった。

〈算式〉

必要保障額=遺族に必要な生活資金等の総額-遺族の収入見込金額

〈Aさんが加入している生命保険〉

こくみん共済(全労済)総合タイプ :

死亡保険金額 400万円(病気死亡)
1,200万円(交通事故)

〈Mさんが提案した生命保険に関する資料〉

保険の種類:5年ごと配当付終身保険(65歳払込満了)

月払保険料(集団扱い):15,751円

契約者(=保険料負担者)・被保険者:Aさん/死亡保険金受取人:妻Bさん

主契約および特約の内容 保障金額 保険期間
終身保険 100万円 終身
定期保険特約 500万円 10年
収入保障特約(注1) 年額50万円×65歳まで 10年
重度疾病保障定期保険特約(注2) 300万円 10年
総合医療特約(180日型) 1日目から日額10,000円 10年
先進医療特約 先進医療の技術費用と同額 10年
リビング・ニーズ特約
指定代理請求特約

(注1)最低支払保証期間は5年(最低5回保証)

(注2)所定のがん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、重度の糖尿病、重度の高血圧性疾患、肝硬変、慢性腎不全、慢性すい炎のいずれかを保障する。重度疾病保険金を支払った場合、本特約は消滅する。

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問題

《問4》はじめに、Mさんは、必要保障額の考え方についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

1 )

「必要保障額の算出は、Aさんがお亡くなりになったときのご家族の生活資金等が不足する事態を回避するための判断材料となります。必要保障額は、通常、長女Cさんの成長とともに逓減します」

2 )

「必要保障額を大きく左右する項目として、住居費用が挙げられます。仮に、夫が住宅ローン(団体信用生命保険に加入)を利用して自宅を購入した後に死亡した場合、通常、住宅ローン債務は妻が弁済することが多いため、必要保障額の計算上、住宅ローンの残債務は遺族に必要な生活資金等の総額に含めます」

3 )

「遺族の収入見込金額を計算する際には、公的年金の遺族給付のおおよその金額を把握することが必要です。そのほか、妻Bさんの就労収入については、現実的な範囲内の金額を見込んでおくとよいでしょう」

解答・解説

解答:2

1 )

適切。

2 )

不適切。団体信用生命保険に加入している場合は債務者が死亡した場合に、保険金が支払われ、住宅ローン債務の返済に充てられる。そのため、遺族が弁済する必要がないので必要保障額の計算上、住宅ローンの残債務は遺族に必要な生活資金等の総額に含めない。

3 )

適切。

したがって2が正解となります。

FP試験対策キーワード

必要保障額

  • 遺族のための必要保障額(遺族に必要な生活資金等の総額から遺族の収入見込金額を差し引いた金額)は、通常、子どもの成長とともに逓減する。