合同会社アルティマシステム

平成30年5月(問23)借地借家法

問題

借地借家法では、借地権設定契約を締結する場合の存続期間は、堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上とされている。

解答・解説

解答:不適切

借地借家法では、普通借地権設定契約を締結する場合の存続期間は、最初の契約は30年以上とされている。なお、借地権設定契約を締結する場合の存続期間は、堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上とされているのは旧借地法である。