合同会社アルティマシステム

平成30年5月(問2)公的介護保険の居宅介護住宅改修費

問題

公的介護保険において要介護認定を受けた被保険者が、居宅で生活するために必要な住宅改修を行った場合は、所定の手続により、改修に要した費用の全額が居宅介護住宅改修費として支給される。

解答・解説

解答:不適切

公的介護保険において要介護認定を受けた被保険者が、居宅で生活するために必要な住宅改修を行った場合は、所定の手続により、改修に要した費用のうち20万円を上限として自己負担の費用を除いた金額が支給される。