合同会社アルティマシステム

平成30年1月(問59)債務の控除

問題

相続税を計算するときは、被相続人が残した債務(被相続人が死亡した時にあった債務で確実と認められるもの)を遺産総額から差し引くことができるが、( )については、差し引くことができない。

1 )銀行等からの借入金

2 )墓地購入の未払代金

3 )被相続人の所得税の未納分

解答・解説

解答:2

相続税を計算するときは、被相続人が残した債務(被相続人が死亡した時にあった債務で確実と認められるもの)を遺産総額から差し引くことができるが、墓地購入の未払代金については、差し引くことができない。
そのほか、遺言執行費用・弁護士、税理士費用なども差し引くことができない。