合同会社アルティマシステム

平成30年1月(問45)日本投資者保護基金

問題

国内の( )は、日本投資者保護基金の補償の対象となる。

1 )銀行で購入し銀行で管理されている投資信託

2 )証券会社が取り扱っている外国為替証拠金取引(FX取引)の証拠金

3 )証券会社が保管の委託を受けている外貨建てMMF

解答・解説

解答:3

国内の証券会社が保管の委託を受けている外貨建てMMFは、日本投資者保護基金の補償の対象となる。そのほか、株式(保護預り株券)や債券(個人向け国債など)などが日本投資者保護基金の補償の対象とされている。