合同会社アルティマシステム

平成30年1月(問29)上場株式の相続税評価額

問題

上場株式の相続税評価額は、原則として、その株式が上場されている金融商品取引所の公表する課税時期の最終価格によって評価した価額と、その課税時期の属する月以前2カ月間の毎日の最終価格の平均額のうちいずれか高い価額となる。

解答・解説

解答:不適切

上場株式の相続税評価額は、「課税時期の終値」「課税時期に属する月の毎日の終値の平均値」「課税時期の属する月の前月の毎日の終値の平均値」「課税時期の属する月の前々月の毎日の終値の平均値」この4つのうちで最も低い価格で評価される。