合同会社アルティマシステム

平成30年1月(問20)給与所得者の確定申告

問題

給与所得者のうち、その年分の給与等の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。

解答・解説

解答:適切

給与所得者のうち、その年分の給与等の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。そのほか、2か所以上から給与の支払いを受けている者で、主たる給与等以外の所得が20万円を超える場合なども確定申告が必要になる。