合同会社アルティマシステム

平成29年9月(問51)定期建物賃貸借契約

問題

借地借家法の規定によれば、定期建物賃貸借契約において、賃貸借期間が1年以上 である場合には、賃貸人は、期間の満了の1年前から( )前までの間(通知期間)に、賃借人に対して期間の満了により賃貸借が終了する旨の通知をしなければ、その終了を賃借人に対抗することができない。

1 )1カ月

2 )3カ月

3 )6カ月

解答・解説

解答:3

借地借家法の規定によれば、定期建物賃貸借契約において、賃貸借期間が1年以上である場合には、賃貸人は、期間の満了の1年前から6カ月前までの間(通知期間)に、賃借人に対して期間の満了により賃貸借が終了する旨の通知をしなければ、その終了を賃借人に対抗することができない。
なお、期間を過ぎて通知をした場合は、通知から6カ月を経過した時にその終了を賃借人に対抗することができる。