合同会社アルティマシステム

平成29年9月(問48)退職所得控除額

問題

給与所得者が、30年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,000万円の支払を受けた。 この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、( )となる。なお、障害者になったことにより退職したものではない。

1 )800万円+40万円×(30年-20年)=1,200万円

2 )700万円+70万円×(30年-20年)=1,400万円

3 )800万円+70万円×(30年-20年)=1,500万円

解答・解説

解答:3

給与所得者が、30年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,000万円の支払を受けた。 この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、800万円+70万円×(30年-20年)=1,500万円となる。なお、障害者になったことにより退職したものではない。
退職所得控除額は勤続年数により下記の計算式で算出する。
20年以下 40万円 × 勤続年数(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超 800万円+70万円×(勤続年数 – 20年)