合同会社アルティマシステム

平成29年9月(問29)死亡保険金に課税される税金

問題

生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人がAさん、被保険者がAさんの配偶者である場合、Aさんの配偶者の死亡によりAさんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

解答・解説

解答:不適切

生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人がAさん、被保険者がAさんの配偶者である場合、Aさんの配偶者の死亡によりAさんが受け取る死亡保険金は、所得税の課税対象となる。
なお、相続税の課税対象となるには契約者(=保険料負担者)がAさん、死亡保険金受取人がAさんの配偶者、被保険者がAさんとなる場合である。