合同会社アルティマシステム

平成29年9月(問24)固定資産税

問題

固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸当たり200m²以下の部分) の課税標準については、当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の4分の1の額とする特例がある。

解答・解説

解答:不適切

固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸当たり200m²以下の部分) の課税標準については、当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の6分の1の額とする特例がある。
なお、住宅用地で住宅1戸当たり200m²超の部分は当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の3分の1の額とされる。