合同会社アルティマシステム

平成29年9月(問5)遺族厚生年金

問題

遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は、被保険者等の死亡当時、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹である。

解答・解説

解答:不適切

遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は、被保険者等の死亡当時、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫、祖父母である。
遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲に兄弟姉妹は含まれていない。