合同会社アルティマシステム

平成29年5月(問49)老人扶養親族

問題

所得税において、老人扶養親族のうち、居住者またはその配偶者の直系尊属で、居 住者またはその配偶者と常に同居している者(同居老親等)に係る扶養控除額は、( )である。

1 )48万円

2 )58万円

3 )63万円

解答・解説

解答:2

所得税において、老人扶養親族のうち、居住者またはその配偶者の直系尊属で、居住者またはその配偶者と常に同居している者(同居老親等)に係る扶養控除額は、58万円である。
その他の扶養控除額は下記の通りである。
扶養親族:38万円
特定扶養親族:63万円
老人扶養親族:48万円