合同会社アルティマシステム

平成29年5月(問30)配偶者に対する相続税額の軽減

問題

相続税の計算において、「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けるためには、相続が開始した日において被相続人との婚姻期間が20年以上でなければならない。

解答・解説

解答:不適切

相続税の計算において、「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けるための要件には、被相続人との婚姻期間は求められていない。婚姻の届出をした者であれば良いとされている。