合同会社アルティマシステム

平成29年5月(問28)法定相続人の数

問題

相続税の計算において、相続人が受け取った退職手当金等の非課税限度額を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。

解答・解説

解答:適切

相続税の計算においては、恣意的に相続税を少なくする行為などを排除するため、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。