合同会社アルティマシステム

平成29年5月(問23)北側斜線制限

問題

建築基準法の規定によれば、第一種低層住居専用地域内の建築物には、原則として、北側斜線制限(同法第56条に規定する建築物の高さ制限)が適用される。

解答・解説

解答:適切

北側斜線制限(同法第56条に規定する建築物の高さ制限)は、第一種・第二種低層住居専用地域と第一種・第二種中高層住居専用地域(日影規制の対象は含まない)に適用される。