合同会社アルティマシステム

平成29年5月(問18)退職所得控除額

問題

勤続年数が20年を超える定年退職者が退職手当等を受け取る場合、所得税における退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、70万円にその勤続年数を乗じた金額となる。

解答・解説

解答:不適切

勤続年数が20年を超える定年退職者が退職手当等を受け取る場合、所得税における退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、800万円 + 70万円 × (勤続年数 – 20年)の算式で算出した金額となる。