合同会社アルティマシステム

平成29年1月(問57)遺留分

問題

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長女および二女の合計3人である場合、二女の遺留分の金額は( )となる。

1 )1,500万円

2 )2,250万円

3 )4,500万円

解答・解説

解答:2

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長女および二女の合計3人である場合、二女の遺留分の金額は2,250万円となる。
子の遺留分は被相続人の財産の2分の1とされているため、1億8,000万円×1/2=9,000万円が子の遺留分の総額となる。
9,000万円に子それぞれの法定相続分1/4を掛けて、9,000万円×1/4=2,250万円と二女の遺留分が算出される。