合同会社アルティマシステム

平成29年1月(問39)損害保険金の税金

問題

所得税において、個人事業主が、自己の所有する店舗の火災によって建物に損害を受け、火災保険から受け取った保険金は、 ( )となる。

1 )非課税

2 )一時所得として課税対象

3 )事業所得として課税対象

解答・解説

解答:1

所得税において、個人事業主が、自己の所有する店舗の火災によって建物に損害を受け、火災保険から受け取った保険金は、 非課税となる。
保険を掛けていた人が建物の焼失や身体の傷害・疾病を原因として受け取る損害保険金は、原則として非課税とされている。