合同会社アルティマシステム

平成29年1月(問28)法定相続人の数

問題

相続税の「遺産に係る基礎控除額」を計算する際の法定相続人の数は、相続人のうちに相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。

解答・解説

解答:適切

相続税の計算においては、恣意的に相続税を少なくする行為などを排除するため、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数とされる。