合同会社アルティマシステム

平成28年9月(問54)固定資産税の課税標準

問題

土地・家屋に係る固定資産税の課税標準となる価格は、原則として、( )ごとの基準年度において評価替えが行われる。

1 )3年

2 )5年

3 )10年

解答・解説

解答:1

土地・家屋に係る固定資産税の課税標準となる価格は、原則として、3年ごとの基準年度において評価替えが行われる。