合同会社アルティマシステム

平成28年9月(問2)雇用保険の所定給付日数

問題

雇用保険の一般被保険者が38年間勤めた勤務先を60歳で定年退職し、退職後に基本手当を受給する場合の所定給付日数は、その者が就職困難者に該当する場合を除き、最長で150日である。

解答・解説

解答:適切

雇用保険の一般被保険者に給付される基本手当の所定給付日数は被保険者期間に応じて原則、次の通りである。

被保険者期間 1年から10年未満 10年以上20年未満 20年以上
(全年齢共通) 90日 120日 150日