合同会社アルティマシステム

平成28年9月(問1)FP関連法規

問題

弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、将来の財産管理について相談を受けた顧客本人の求めに応じ、その顧客の任意後見受任者となることは、弁護士法に抵触する。

解答・解説

解答:不適切

任意後見受任者となることに、弁護士資格は不要である。弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、将来の財産管理について相談を受けた顧客本人の求めに応じ、その顧客の任意後見受任者となることは、弁護士法に抵触しない。