合同会社アルティマシステム

平成28年5月(問52)宅地建物取引業者

問題

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地または建物の売買契約の締結に際して、取引の相手方が宅地建物取引業者でない場合、代金の額の( )を超える額の手付金を受領することができない。

1 )5%

2 )10%

3 )20%

解答・解説

解答:3

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地または建物の売買契約の締結に際して、取引の相手方が宅地建物取引業者でない場合、代金の額の20%を超える額の手付金を受領することができない。
なお、代金の額の20%を超えた手付を受領した場合は、20%を超える部分が無効となる。