合同会社アルティマシステム

平成28年5月(問5)貸金業法の総量規制

問題

貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付けを利用する場合、原則として、年収の5分の1を超える借入はできない。

解答・解説

解答:不適切

貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付けを利用する場合、原則として、年収の3分の1を超える借入はできない。