合同会社アルティマシステム

平成29年度 Ⅱ食品学 問11 きのこ類

問題

きのこ類に関する記述で、正しいものは、次のうちどれか。

生きのこは、変質しにくい。

たんぱく質が主成分である。

水分含量が30%前後である。

旨味成分であるグアニル酸を含む。

解答・解説

解答:D

A (誤)

生のきのこは水分が多いため変質しやすい。

B (誤)

不溶性食物繊維が主成分である。

C (誤)

水分含有量は90%前後である。

D (正)

その他の旨味成分では、昆布にはグルタミン酸、かつお節にはイノシン酸がある。

問題