合同会社アルティマシステム

平成28年度 Ⅴ調理理論 問42 ゼラチン

問題

ゼラチンに関する記述で、誤っているものは、次のうちどれか。

生パインアップル汁を加えると固まらない。

ゲル化(凝固)温度は35℃である。

原料は動物の骨や皮に含まれるたんぱく質である。

いろいろなゼリーを接着できる。

解答・解説

解答:B

A (正)

B (誤)

35℃は寒天である。ゼラチンは15〜20℃からゲル化し始める。

C (正)

D (正)