合同会社アルティマシステム

平成28年度 Ⅳ食品衛生学 問39 食品への異物混入防止策

問題

食品への異物混入防止策に関する記述で、誤っているものは、次のうちどれか。

製品保管庫において、ねずみや見虫の侵入防止を図る。

従業員の衛生教育を実施し、帽子または頭巾を着用する。

製造ラインに金属探知機を設置する。

密封包装できない食品は、包装紙に1mm皿の穴をあける。

解答・解説

解答:D

A (正)

B (正)

C (正)

D (誤)

異物混入の防止は、しっかりと包装し密封しなければならない。