合同会社アルティマシステム

平成27年度 Ⅵ食品衛生学 問37 フグ中毒

問題

フグ中毒に関する記述で、誤っているものは、次のうちどれか。

A

病因物質は、テトロドトキシンである。

B

症状は、神経まひを起こし、死亡する場合がある。

C

加熱により無毒化する。

D

釣ったフグを家庭で自ら調理したものを食べて、フグ中毒で死亡した事例がある。

解答・解説

解答:C

A (正)

B (正)

C (誤)

加熱をしても無毒化しない。

D (正)