合同会社アルティマシステム

平成27年度 Ⅵ食品衛生学 問36 腸管出血性大腸菌

問題

腸管出血性大腸菌に関する記述について、誤っているものは、次のうちどれか。

A

ベロ毒素を産生する。

B

100万個以上の菌量を摂取することで発症する。

C

下痢、腹痛のほか、重症の場合、溶血性尿毒症症候群を併発する。

D

食中毒予防として、食品を75℃,1分間以上加熱する。

解答・解説

解答:B

A (正)

B (誤)

100個以上の菌量を摂取することで発症する。

C (正)

D (正)