合同会社アルティマシステム

平成26年度 Ⅲ公衆衛生学 問17 調理師法

問題

調理師法に関する記述で、誤っているものは、次のうちどれか。

調理師でなければ、調理師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。

罰金以上の刑に処せられた者は、免許が取り消されることがある。

調理業務に従事している調理師は、2年ごとに就業地の都道府県知事に必要事項を届け出なければならない。

調理師でない者が調理業務に従事した場合は、罰せられることがある。

解答・解説

解答:D

A (正)

調理師でなければ、調理師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。これに違反した場合は、罰せられる。

B (正)

この他、麻薬、あへん、大麻又は覚せい剤の中毒者も免許が取り消される。

C (正)

D (誤)

調理師でない者も、調理業務に従事できる。