合同会社アルティマシステム

平成24年度 Ⅲ公衆衛生学 問14 上下水道

問題

上下水道に関する記述である。誤っているものは次のうちどれか。

わが国の上水道普及率は、約7割と低い。

水道水では、大腸菌は検出されてはならない。

水道水を検査した場合の塩化物イオンは200mg/L以下と規定されている。

下水道普及により、赤痢のような消化器系感染症の予防に効果が期待できる。

解答・解説

解答:A

A (誤)

わが国の上水道普及率は約10割と高い。

B (正)

C (正)

D (正)