合同会社アルティマシステム

平成23年度 Ⅶ調理理論 問55 ゼラチンの調理的特色

問題

ゼラチンの調理的特色の関する記述で、正しいものは次のうちどれか。

ゲル化の温度は80℃前後である。

ゼラチンを溶かす温度は、70~80℃である。

砂糖濃度の高いゼラチンゼリーは溶けやすい。

冷却時間が長いほど、ゼリー強度は高くなる。

解答・解説

解答:D

A (誤)

ゼラチンのゲル化温度は15℃〜20℃である。

B (誤)

ゼラチンを溶かす温度は50℃前後である。

C (誤)

砂糖濃度の高いゼラチンゼリーは溶けにくい。

D (正)