合同会社アルティマシステム

平成23年度 Ⅵ食品衛生学 問44 食品への微生物の二次汚染防止

問題

食品への微生物の二次汚染防止に関する記述で、正しいものは次のうちどれか。

まな板やざる等の木製器具は、水洗いで十分に殺菌できる。

フードカッター等の調理機械は、1年に1回分解し洗浄する。

シンクは、用途別に相互汚染しないように設置する。

食品や器具、容器の取扱いは、跳ね水による汚染を防止するため、床面から20cmの場所で行う。

解答・解説

解答:C

A (誤)

まな板やざる等の木製器具は、煮沸消毒や熱湯をかけたあとよく乾燥させる。

B (誤)

フードカッター等の調理機械は、毎日分解し洗浄する。

C (正)

D (誤)

食品や器具、容器の取扱いは、跳ね水による汚染を防止するため、床面から60cm以上の場所で行う。