合同会社アルティマシステム

平成23年度 Ⅴ食品学 問30 緑茶

問題

緑茶に関する記述で、誤っているものは次のうちどれか。

甘味の成分はテアニンである。

緑茶は不(非)発酵茶である。

苦味の成分は、カフェインである。

ビタミンCは、酸化により破壊され含有しない。

解答・解説

解答:D

A (正)

B (正)

C (正)

D (誤)

日本茶(緑茶)にはビタミンCが含まれている。