合同会社アルティマシステム

平成22年度 Ⅲ公衆衛生学 問11 食中毒の病因物質

問題

食中毒の病因物質で、平成20年における患者数が最も多かったものは次のうちどれか。

A サルモネラ属

B ノロウイルス

C ウエルシュ菌

D カンピロバクター

解答・解説

解答:B

A (誤)サルモネラ属2,551人

B (正)ノロウイルス11,618人

C (誤)ウエルシュ菌2,088人

D (誤)カンピロバクター3,071人