合同会社アルティマシステム

FP3級技能士検定 合格のコツ【公的介護保険 被保険者と負担割合】

FP3級技能士検定の問題で、公的介護保険は「被保険者」「利用者負担割合」からの出題が多いです。今回は、公的介護保険の被保険者と利用者負担割合で重要な箇所を確認していきます。

公的介護保険

公的介護保険は、主に「加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態」になった時に必要な給付を行う保険です。

介護保険法 第1条

この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

そして、公的介護保険の保険者(運営主体)は、市区町村です。

また、介護の必要性に応じて、「要支援1~2」「要介護1~5」の7段階に分けられ、限度額(支給限度額)がそれぞれ設けられています。

要支援1から始まり要介護5がもっとも重度な要介護状態と定めれています。

FP3級技能士検定 公的介護保険の被保険者

公的介護保険に加入する被保険者は2パターンあります。「65歳以上の人」「医療保険に加入している40歳以上65歳未満の人」が、それぞれ被保険者になります。

公的介護保険の被保険者のポイント!!

「65歳以上の人」が第1号被保険者

「医療保険に加入している40歳以上65歳未満の人」が第2号被保険者

とそれぞれ呼ばれています。FP3級技能士検定では、第1号被保険者と第2号被保険者の年齢を答える問題が多く出題されています。

FP3級技能士検定の過去問題を確認!!過去問題「出題例」

年齢を覚えておくことで解ける問題です!!公的介護保険の2つの加入者をしっかり押さえておきましょう。

公的介護保険の負担割合

平成30年8月から65歳以上の人(第1号被保険者)で現役並みの所得のある人は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になりますね。

FP3級技能士検定的には、第1号被保険者(65歳以上の人)で現役並みの所得のある人が3割負担になるということを認識しておくと良いと思います。

そして、現在は、第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)、市区町村民税非課税の人、生活保護受給者は1割負担です。

公的介護保険の負担割合のポイント!!

第1号被保険者(65歳以上の者)の方は所得等に応じて1割から3割

第2号被保険者(40歳以上65歳未満の方)の方は1割

FP3級技能士検定の過去問題を確認!!過去問題「出題例」

公的介護保険の負担割合は、実技試験の1問として、出題されることもあるのでしっかり押さえておきましょう!!

以上、公的介護保険の被保険者と負担割合でした。

FP3級技能士の勉強のコツをつかんで合格をつかみとろう!!

関連投稿

FP3級技能士検定 合格のコツ【厚生年金保険 遺族年金編】

どのような試験でも、頻出問題をしっかり押さえていくことが合格への近道ですよね。 今回は、FP3級技能士検定合格のコツ厚生年金保険 遺族年金編!!厚生年金保険の遺族年金の大まかな制度概要と、頻出問題を紹...

FP3級技能士検定 合格のコツ【国民年金 老齢基礎年金 計算式編】

FP3級技能士検定の問題では、国民年金の老齢基礎年金は、「支給要件」「繰上げ・繰下げ」「計算式」からよく出題されています。それぞれ確認をしてしっかり抑えておきましょう!!国民年金の老齢基礎年金額を算出...

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第1回

FP技能士検定って他の資格試験と比較しても、勉強する分野が多い… 範囲が広いので合格するためには、よく出題される箇所を抑えていくことも重要です!! 技能士検定を取得する人は、自分の知識を高めるために...

FP3級技能士検定 合格のコツ【雇用保険 基本手当の所定給付日数編】

FP3級技能士検定の問題では、雇用保険は、「基本手当の所定給付日数」からの出題が多いです。雇用保険の一般被保険者に給付される基本手当。今回は、大まかな雇用保険の目的と基本手当の所定給付日数を確認してい...

FP技能士検定1ヶ月前の試験に向けた勉強方法

FP技能士検定まで残り約1ヶ月になりましたね。 試験の申込受付も終了して、そろそろ勉強を開始する方も多いのではないでしょうか? ここで私がお勧めするFP技能士検定1ヶ月前の試験に向けた勉強方法を紹介し...