合同会社アルティマシステム

確定申告ってどんな制度?いつからいつまで?確定申告が必要な人?

今年も所得税の確定申告の時期がやってきましたね。ということで、ファイナンシャルプランナーとして確定申告の制度ってどんな制度なの?いつからできるの?どんな人が確定申告をする必要があるの?などを簡単にまとめてみたいと思います。所得税の確定申告はファイナンシャルプランナー技能士検定の試験にも問われたりしますね。

確定申告ってどんな制度

納税者が、原則として、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得について、自ら所得金額や税額を算出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する為に行う手続です。

(毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得からも所得税は暦年で課税されることがわかりますね。)

確定申告っていつから

確定申告の手続きが行えるのは、翌年の2月16日からです。

2017年の確定申告は2018年の2月16日(金曜日)からということになりますね。

確定申告っていつまで

確定申告にもやはり原則的な期限があり、翌年の3月15日までとなっています。

2017年の確定申告は2018年の3月15日(木曜日)までということになりますね。

会社員でもフリーターでも、確定申告が必要な人はこの時期に原則的に確定申告を行うこととされています。

確定申告が必要な人

給与所得者

給与所得者の人は年末調整での税額の過不足清算が行われるので、原則確定申告は不要です。給与所得者でも

・給与等の収入金額が2,000万円を超える者

・給与等以外の所得が20万円を超える者

などは確定申告が必要ですね。

そのほか、給与所得者でも、「医療費控除の適用」や「住宅借入金等特別控除の適用を受ける初年度」などは確定申告が必要です。

年金所得者

年金所得者は原則として、公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額が残るものは、確定申告が必要です。

例外として、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる場合において、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告は不要です。

ファイナンシャルプランナーの過去問としては、平成29年5月(問20)所得税の確定申告などで出題されていますね。

ファイナンシャルプランナー技能士検定を受験する方は税務署の確定申告のホームページを一読するのも制度の理解に繋がると思います!

関連投稿

FP技能士検定1ヶ月前の試験に向けた勉強方法

FP技能士検定まで残り約1ヶ月になりましたね。 試験の申込受付も終了して、そろそろ勉強を開始する方も多いのではないでしょうか? ここで私がお勧めするFP技能士検定1ヶ月前の試験に向けた勉強方法を紹介し...

FP資格試験ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金編第5回

今回は「遺族基礎年金」からです! 遺族基礎年金は、被保険者が死亡した場合に、残された配偶者や子に対して、生活の安定を図るために一定の所得を保障することを目的として支給される年金です。 FP資格試験...

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第2回

今回は国民年金の「老齢基礎年金の繰上げ」からです! 直近では実技試験で、出題されています! 実際の出題事例はこちらから 老齢基礎年金の受給開始年齢は昭和16年4月2日以後生まれの場合、現在65歳ですね...

仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合についての補償金の税金

仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合についての補償金の税金取り扱い方法が国税庁で発表されましたね。今回はその取り扱い方法を簡単にまとめます。 仮想通貨に関する所得の所得...

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第3回

今回は「老齢基礎年金の繰下げ」からです! 直近では学科試験で、出題されています! 実際の出題事例はこちらから 前回と同じく、老齢基礎年金の受給開始年齢は昭和16年4月2日以後生まれの場合、現在65歳!...