合同会社アルティマシステム

FP資格試験ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金編第4回

今回は「付加年金」からです!

付加年金は、国民年金保険料上乗せして、貰える年金を増やす(老齢基礎年金に上乗せする)ことができる制度です!

FPの資格試験では、「付加年金の対象者」「付加年金額」「付加保険料」の三つが問われることが多いです。

FP資格試験過去の出題実績

FP3級平成29年5月実技試験(保険顧客資産相談業務)問2

早速、付加年金について確認していきましょう!!

付加年金の対象者は、第1号被保険者と65歳未満の任意加入被保険者。(保険料免除者や国民年金基金の加入員除きます

付加年金額は、「200×付加保険料納付月数」で算出。

付加保険料は、「月額400」。

ということで、20歳から60歳までの40年間、国民年金保険料に上乗せして付加保険料を支払った場合どうなるのかサクッと確認してみましょう!

40×12=480(付加保険料納付月数)

400円×480月=192,000円(付加保険料)

192,000円支払うことになります。

そして、受け取るときは

200×480=96,000円(付加年金額)

年額96,000円となります。

2年を超えて老齢基礎年金を受給することができれば、支払った付加保険料以上に付加年金を受け取ることができますね!

FPの資格試験では、付加年金額の200付加保険料の400金額が入れ替えられて、誤った問題として出題されることが多いので、確認しておきましょう!!

今日のポイント

付加年金額は、「200×付加保険料納付月数」で算出。

付加保険料は、「月額400」。

次回は「遺族基礎年金」を確認していきましょう!

fp3級解答・解説付きの過去問はこちらから

毎日コツコツ少しの勉強時間で目指そう!FPの資格合格!!

関連投稿

確定申告ってどんな制度?いつからいつまで?確定申告が必要な人?

今年も所得税の確定申告の時期がやってきましたね。ということで、ファイナンシャルプランナーとして確定申告の制度ってどんな制度なの?いつからできるの?どんな人が確定申告をする必要があるの?などを簡単...

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第2回

今回は国民年金の「老齢基礎年金の繰上げ」からです! 直近では実技試験で、出題されています! 実際の出題事例はこちらから 老齢基礎年金の受給開始年齢は昭和16年4月2日以後生まれの場合、現在65歳ですね...

FP資格試験ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金編第5回

今回は「遺族基礎年金」からです! 遺族基礎年金は、被保険者が死亡した場合に、残された配偶者や子に対して、生活の安定を図るために一定の所得を保障することを目的として支給される年金です。 FP資格試験...

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第3回

今回は「老齢基礎年金の繰下げ」からです! 直近では学科試験で、出題されています! 実際の出題事例はこちらから 前回と同じく、老齢基礎年金の受給開始年齢は昭和16年4月2日以後生まれの場合、現在65歳!...

FP技能士検定1ヶ月前の試験に向けた勉強方法

FP技能士検定まで残り約1ヶ月になりましたね。 試験の申込受付も終了して、そろそろ勉強を開始する方も多いのではないでしょうか? ここで私がお勧めするFP技能士検定1ヶ月前の試験に向けた勉強方法を紹介し...