合同会社アルティマシステム

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第2回

今回は国民年金の「老齢基礎年金の繰上げ」からです!

直近では実技試験で、出題されています!

実際の出題事例はこちらから

老齢基礎年金の受給開始年齢は昭和1642日以後生まれの場合、現在65歳ですね!

その受給開始年齢を早くすることを「老齢基礎年金の繰上げ受給」といいます。

具体的には60歳から65歳になるまでの間で繰上げることができます。

老齢基礎年金の繰上げ受給は早く受給ができるのですが、年金が減額されてしまいます。

そして、一度「老齢基礎年金の繰上げ受給」の請求をするとその減額率は一生変わりません

繰上げる時は年金の金額などをしっかり確認してから繰上げをした方が良いですね。

FP技能士検定には、この減額率がよく出題されています。

老齢基礎年金の繰上げ受給の請求をした場合、年金の減額率は

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数

で算出します!

例)60歳に繰上げると

30.0% = 0.5%×60

例)61歳に繰上げると

24.0%  = 0.5%×48

「繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数の部分」の算出方法は、試験では年単位の繰上げの出題が多いため、下記の方法でサクッと算出できます!

12×年数

60=12×5

48=12×4

このように、減額率を算出します。

0.5%の数字が問われることもあるので、確認しておきましょう!!

今日のポイント

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数

次回は「老齢基礎年金の繰下げ」を確認していきましょう!

関連投稿

FP3級技能士検定 合格のコツ【雇用保険 基本手当の所定給付日数編】

FP3級技能士検定の問題では、雇用保険は、「基本手当の所定給付日数」からの出題が多いです。雇用保険の一般被保険者に給付される基本手当。今回は、大まかな雇用保険の目的と基本手当の所定給付日数を確認してい...

FP資格試験ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金編第5回

今回は「遺族基礎年金」からです! 遺族基礎年金は、被保険者が死亡した場合に、残された配偶者や子に対して、生活の安定を図るために一定の所得を保障することを目的として支給される年金です。 FP資格試験...

仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合についての補償金の税金

仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合についての補償金の税金取り扱い方法が国税庁で発表されましたね。今回はその取り扱い方法を簡単にまとめます。 仮想通貨に関する所得の所得...

FP技能士検定ここが出題!FP合格メソッド!覚えよう国民年金第1回

FP技能士検定って他の資格試験と比較しても、勉強する分野が多い… 範囲が広いので合格するためには、よく出題される箇所を抑えていくことも重要です!! 技能士検定を取得する人は、自分の知識を高めるために...

FP3級技能士検定 合格のコツ【公的介護保険 被保険者と負担割合】

FP3級技能士検定の問題で、公的介護保険は「被保険者」「利用者負担割合」からの出題が多いです。今回は、公的介護保険の被保険者と利用者負担割合で重要な箇所を確認していきます。 公的介護保険 公的介護保...