合同会社アルティマシステム
調理師ブログ

まだ間に合う合格方法!千葉県調理師試験まで約2週間

千葉県調理師試験まで約2週間になりましたね。

ラストスパートの人、あきらめモードの人、色々な方が調理師試験に向けて頑張っている頃でしょうか?

調理師試験の参考書見て、うわ〜っ‼︎全部覚えるのか…仕事しながらは無理だな…休日にみっちり勉強するしかない…でも、休日なんてそんなにないし、疲れが溜まって勉強がはかどらない…そんな社会人の受験者が多いのも、調理師試験の特徴ではないでしょうか?

立ち仕事、力仕事が多い職業ですものね‼︎

そんな社会人受験者の皆様に役に立てる情報をブログから発信したいと思います。

公衆衛生学

まずは、公衆衛生学

覚える事が多すぎですね!

人口統計、環境、感染症、健康づくり対策、疾病(しっぺい)予防、食育などなど。

その中から9問!9問しか出題されません‼︎

ヤマをはるには広すぎるし、全部覚えるのも大変です。はてさて、どう対処するか困りものですね。この対処法が合格への分かれ道になるのではと私は思います。

合格への道は、過去問を解くこと。

正しいもの、誤っているものを覚える。

平成28年度千葉県調理師試験問題

I 公衆衛生学

1問目は調理師法に関する出題です。

1.調理師法の規定内容に関する記述で、正しいものは、次のうちどれか。

A 調理師の免許は、厚生労働大臣があたえる。

これは?正しくないですね。

では、調理師の免許は誰があたえるの?

それは、都道府県知事です。免許証には都道府県知事の名前が記載されてますよ!

千葉県の知事は森田さんですが、免許証には…合格してからのお楽しみってことで٩( ᐛ )و

これで、1つ覚えましたね!

では次に

B 調理師でなければ、調理業務に従事できない。

調理業務って調理師免許が無くても行ってますよね?受験者の皆さんも調理業務を行って受験資格を取得しましたよね。法に違反する行為でしょうか?違反はしてませんね?

はい!調理師でなくても調理業務に従事できます‼︎

ですが‼︎

免許証がないのに調理師です!と名乗るのはダメです!また、紛らわしい名称、例えば料理師、衛生調理士など調理師に似た名称を名乗り調理師業務を行うのはダメです。

調理師法第8条で定められています。

この問題からは、調理師でない者は調理師の名称を使用してはならないという別の視点から問題を解く事が出来ますね。

この様な感じで過去問を解いてみたら、一石二鳥になります。

アルティマシステムでは調理師合格メソッドをリリースしてますが、古い過去問です。

28年度はもう少しお待ち下さいね〜。

7月20日までにはリリースしたいと思います!

また、専門調理師試験を受ける方もいらっしゃると思いますが復習のためにも調理師の過去問を解くことをおすすめします。

専門調理師試験で大事な事は実技試験で緊張せずに、落ち着いて正確な調理をすることです。

使用する食材の下処理の順番と時間、切り方、盛り付けの美しさ、調理後の清掃作業などすべて採点されるという事を考えて実技試験を受けることが大切です。

では、調理師合格メソッド担当者ブログでした〜٩꒰๑ ´∇`๑꒱۶

関連投稿

さあ〜‼︎調理師試験問題をサイトにアップですよー‼︎

さあ〜‼︎調理師試験問題をサイトにアップですよー‼︎ 平成26年度調理師試験問題です。 見慣れた問題、初めて見る問題、色々ありますよね。 アプリにして解いた方が正答率が分かるのでやりやすいと思いますが...

クオリティ オブ ライフと末期癌

クオリティ オブ ライフと末期癌 新しい年が始まりましたね。 調理師ブログ担当の私は、しばらくブログ更新をお休みしていました。 随分と長い年月が流れたような、気持ち的には浦島太郎のような感じです。 ...

調理師免許試験に向けて じっくり、しっかり公衆衛生学リターンズ 労働災害 労働安全衛生法

じっくり、しっかり公衆衛生学リターンズ‼︎ 千葉県調理師試験にはなかったので、調理師合格メソッドをダウンロードしてくださった方々へ向けて労働災害についてです。 色々な職業がありますが、それぞれの職...

平成28年度千葉県調理師問題の公衆衛生学6問・7問

平成28年度千葉県調理師問題を復習して合格目指そう٩( ᐛ )و 平成28年度千葉県調理師問題の公衆衛生学6問目です。 デング熱って話題になってましたね。あちこちの公園で蚊の駆除が行われているニュースを見て...

平成29年度調理師免許試験に向けて 公衆衛生学に出題される法律

平成29年度調理師免許試験に向けて 公衆衛生学 今夜は公衆衛生学での〜法についてです。 公衆衛生学の法って、え〜‼︎って言うくらい、たくさんありますよね。 まずは、絶対覚えておく事は! 憲法第25条!...